原宿アクア歯科ロゴ

診察日時画像
お問い合わせ電話番号
原宿アクア歯科ロゴ

j診察日時画像
お問い合わせ電話番号

抜歯のロゴ
抜歯|抜歯後の注意
抜歯のロゴ

ドライソケットについて

抜歯のロゴ
抜歯
抜歯のロゴ

ドライソケットについて

【麻酔と抜歯後の注意】

抜歯のイメージ画
<表面麻酔>

歯茎の表面に塗り、麻酔針を刺すときの痛さを軽減させます。

<浸潤麻酔>

一般的な麻酔を指し、細い針を使って歯茎に麻酔薬を注入していきます。

<伝達麻酔>

麻酔薬が効きにくい下顎の奥歯に使用する麻酔で、親知らずの抜歯の際にも用います。

<表面麻酔>

歯茎の表面に塗り、麻酔針を刺すときの痛さを軽減させます。

<浸潤麻酔>

一般的な麻酔を指し、細い針を使って歯茎に麻酔薬を注入していきます。

<伝達麻酔>

麻酔薬が効きにくい下顎の奥歯に使用する麻酔で、親知らずの抜歯の際にも用います。

抜歯のイメージ画2

食事
・感覚が鈍っているため、誤って唇やほっぺたを噛んでしまわないように気をつけて下さい。
・熱いものが感じにくくなるため、やけどに気をつけて下さい。
・小さいお子様の場合は特に気をつけ、麻酔が効いている間は患部周辺の感覚が鈍くなっているので、麻酔が切れるまでは食事を控えて下さい。
 
運動
・激しい運動やスポーツを行うと血行が促進され、傷口からの出血が起きやすくなりますので控えて下さい。
 
アルコール
・お酒を飲むと血行が良くなります。血行が促進されることで傷口から出血しやすいので控えて下さい。
 
入浴
入浴をすると血行が良くなり傷口からの出血が起きやすいため、抜歯当日はシャワーで済ませるようにして下さい。
 
その他
・麻酔が切れ始めると、かゆみや違和感を覚えることがあるので、触ったり引っかいたりして、傷つけないように気をつけて下さい。
・患部周辺は優しく丁寧に磨いて下さい。
・「ドライソケット」になってしまう恐れがありますので、口をゆすぎ過ぎないようにして下さい。
 
→ドライソケットとは、抜歯後に血餅が形成されないまま骨が露出した状態のことです。一般的に、抜歯後は麻酔が切れると痛みを感じます。通常は日を追うごとに少しずつ痛みは治まりますが、痛みが一向に引かない場合は、ドライソケットの可能性があります。

ドライソケットのイメージ画

 

でんたるらんどより引用
虫歯リンク画像
虫歯
歯周病リンク画像
歯周病
小児歯科リンク画像
小児歯科
抜歯リンク画像
抜歯
ホワイトニングリンク画像
ホワイトニング
審美歯科リンク画像
審美歯科
ご相談についてリンク画像